アジのぬいぐるみの魅せる日記

おまえらの血は赤色だ(報告)

株式会社アジのぬいぐるみ作戦②~初日にして目はまだ死んでないって状態まで追い込まれた~

http://km20065.hatenablog.com/entry/2017/09/05/022454

の続きです。

 

何はともあれ出発、8/13、初日の予定では横浜から秦野あたりへの移動となる。

移動距離は約50キロ。

 

出発日前日の心境は、「普通に広島あたりに行きたかったな」なんて思っているが、

出発直前は、「大阪あたり行けばよかった」と思い始めている。

なんで電車も新幹線使わないのだろうか。そこにはきっと現代社会へのアンチテーゼが隠されている。

 

出発してずいぶん歩いたが特に何もない。淡々と歩き続けることに没頭する。

出発前に恐れていた「地元の友人との遭遇」も特になく、普通に暇だった。

家でネサフでもしてればよかった。

 

20キロくらい歩いた時点で足に大きなマメが何個もできる。

たぶん普段通勤につかっている靴下だからだと思う。2年くらい使ってるから生地めっちゃ薄くなってて靴下界ではめっちゃセクシーだと思う。

 

足の痛みに関しては、いつになくテンションが上がっているため全然気にならない。(たまに気になる)

途中、鎌倉通るべとか海が見たいだとか、スラムダンクの聖地江の島を見るとか、ピンポンの聖地が~、とか諸々はさんで寄り道したせいで体力と時間をだいぶ消費した。

聖地に対して何も感じなかった。足の痛みはめっちゃ感じ始めたけど。

 

公園を見るたびに水道で水を汲む俺の行動は銃社会だったら撃たれてると思う。でも銃社会じゃないからセーフ。

 

ちなみに、江の島あたりには友人が何人か住んでいるはずなので食事に誘った。もちろん全員に断られた。まあ厳密には二人に断られた時点で誘うのやめた。これ以上断られたら家帰ってアマゾンでゲームソフト買ってたと思う。

 

その後はマジで何もなく平塚に到着、時刻は9時頃。

しいて言えばセブンでおにぎり100円キャンペーンやってたことくらい。

 

雨が降っていたので30キロ地点の平塚で満喫に泊まる。

雨はしゃーない。あれは誰だってそうする。

 

30キロ地点で歩くのをやめるのも、初日から野宿をしないのも誰にも責めてほしくない。投資してくれた友人もしゃーないって思ってるよ。(たぶん)

 

満喫の値段は12時間コースで2500円、シャワー代含めて3,000円

ちなみに身分証明書を持ってきていないという謎の縛りプレイのせいで500円余分にとられた。ほしけりゃくれてやる。

 

個室に入って軽い荷物の整理を行うと、マメが酷いことになってた。

でも気にせずシャワーをした。どうりで会社で豪傑扱いされるはずである。

 

今まで着ていた服をシャワーで洗い、洗った服をドライヤーで乾かすという作戦に出るも、普通にシャワー室の利用時間を超えた。とうぜん生乾きなので個室内のハンガーに吊るしたがまだ若干湿っていた。

 

今後の予定を立てる。グーグルマップでコースを検索し、富士山登頂前日の宿をどうするかなどを決める。

日程の都合上、いつ山梨県に着くのかわからないので予約をしていないが、2,000円台のゲストハウスがあったのでそこに宿をとることを決意。

で、とりあえず明日は、駿河小山駅で野宿を決意。無人駅だからいけるっしょ作戦。

 いけなかったらだいぶヤバい。

 

明日にそなえて快眠・・・と思いきや問題発生。

基本的にシティ派の自分としては、生活リズムが夜型なのでなかなか眠れない。

僕の生活リズムはカブトムシと同じと思ってくれ。

結局、朝の5時頃から8時頃まで3時間だけ寝た。

 

【金額】

残額6,500※記録してないけど多分こんくらい。

写真は一応記録。俺は何を・・・・

f:id:km20065:20170905223725p:plain

株式会社アジのぬいぐるみ作戦

突然ですがみなさんは株式会社を御存じだろうか。

・・・以下引用

https://kotobank.jp/word/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-2416

 

株式を発行して投資家から資金を調達し、その代金事業活動を行なう会社のこと。株式を公開していれば、株式を購入することで誰でも出資者(株主)になれる。 事業が成功して利益が上がれば、株価の上昇で株主の利益が増え、株数に応じて配当金株主優待を受け取ることもできる。半面、事業がうまくいかなければ配当金は無く、株価も下がる。株式会社制度の下では、事業を遂行する人(経営者)と株主は異なり、経営者と出資者が別人でも構わないために、ビジネスの手腕のある人は、自己資金が無くても、株式発行により資金を集めて事業ができる

・・・てことらしい 

 

もとは西洋の人間がインドと貿易を行うために、出航する船に投資をしたことが始まりとされている。

(間違ってたら日本の教育が悪い)

 

つーことで、それにならって友人からカンパを募り、合計1万と登山服などと登山靴を借りた。(株式投資ってことで、リターンはないけど)

 

で、なにするんすかって話だが、夏季休暇を利用して実家の横浜から富士山まで全部徒歩で行こうって話です。

正気を失ったのか?とか思うかもしれないがそんなことはない。

自宅と世界遺産を繋ぐ歴史的偉業なのだ。

 

まあぶっちゃけこれに関しては、大学時代に横浜から山梨まで二日掛けて歩いたことがあるので行けると思っている。体力は落ちているが、あの頃にはなかった老獪さが増しているので大丈夫だろう。

 

【期間】

期間に関しては13日から17日までを予定しており、その五日間で富士山登頂を狙う。

(帰りはさすがに電車使います。)

予定では、15日に山中湖につき、以前なんか知らんけどタダで泊めてくれた民宿の人に泊めてもらう作戦だ。そしてその民宿で天候と体調を整えてから富士登山を始める予定である。完全に他人の親切をあてにするスタイル。

 

【金額】

1万(実際は9,000しか集まんなかったけど、1,000円は自腹。甘えではない、キリがいいからだ。その辺はあんまし突っ込まないでほしい。)

勘の鋭い方は気づいたかもしれない。宿泊費とか足りるのかということに。

そう、基本は野宿、公園水浴びスタイルなので金はかからない。この年で警察に捕まったらヤバいけど、捕まらないように公園を探すつもりだから大丈夫なはずだ。いや公園で水浴びしてる25歳はギリギリ大丈夫じゃないかもしれない。

食費は持参のカロリーメイトと水道水。金に関してはむしろだいぶ余る予定だ。てか最低3,000円はないと家まで帰れないので、お土産とか考えてこのプランで行く。

 

【スペック】

・体格:身長169、体重64(見た目は中肉中背)

・体力:運動不足のため体力では中学生に負ける(体重15キロ増が原因)

・装備:約10キロ、登山セット、ヘッドライト、寝袋、日焼け止め、着替え、カロリーメイトなど

※基本野宿の為文庫本などは持っていかない、軽量化がだいじなのだ(10キロだけど

食費を浮かすためにカロリーメイトと粉ポカリを大量に持参。スポンサーに大塚製薬がついているという錯覚に陥る。CM決まったらどうしよ。

 

 

出発日前日、景気づけにみんなで飲み会をやろうと思ったが、友人が一人しか集まらなかったので中止。

かわりに親戚のお兄ちゃんに食事をおごってもらった。親族の素晴らしさを実感した。友情なんてまやかしさ。

 

親戚に連れてってもらったところは、珍しい肉を食えるお店で、ラクダ・マンボウ・カンガルー・クジラなどが食べられるらしい。

 

実際は、ラクダ肉はメニューにないわ、わに肉はまずいわ、親戚は全部おれに食わせて鳥の空揚げ食い始めるわで最悪だった。でもボク味音痴でよかった。意外と食えた。

そのあと、普通にファミレスで飯食った。次の日お腹下した。

 

 

あしたはいよいよ出発だーい!!

来週もぜってぇ見ろよな!

TOEICを受けた話(6/25に)

TOEICをついに受けた。

ほぼまったく勉強しないで受けた。

 

自分、TOEICさんには素の自分を受け止めてもらいたいっす的なテンションで挑んだ。

一応朝早めに起きて単語帳読んだり読まなかったりしてた。

 

当日会場には、なぜか外人が多く、「反則だろこれ」とか思ったりした。

まあよくわからんまま時は過ぎ、テスト内容はもっとよくわからんかった。

 

結果は430点という絶妙な点数だった。

ちなみに全部の項目で平均以下である。

まあ現在の自分の実力を知りたかっただけだからセーフ。

この結果を友人に報告したら、この点数を中3のときにとったとか言ってたけど自分は自分だからセーフ。

あと俺普通に点数が悪いこととか躊躇なく社会のせいにできるからセーフ。

 

別にこの点数でも覚醒したりしなかった。そう、自分の弱さは自分で知っているのだ。だからノーダメ、俺の精神今めっちゃクリーン。

つかそもそも自分、社内で資格の勉強を行うよう言われてるんで、12月まではそっち優先なんすよ、だから点数があれでもしょうがないんす。そっすよね。

まあ一言でいうと、ここで変にいい点とるよりかはあれだろ。な。

 

あと資格試験のせいでドラクエの購入を控えているのだ。てか上司に買うなと言われた。まあプレステをもっていないのだが・・・

まあでもあんな昔の三井寿みたいなやつが主人公だからつまんないよな。

仲間にもののけ姫のジコ坊みたいなのいるし。スキルとかおじやだろどうせ。

  

まあ何が言いたいかというと、英語は年末くらいまでやらない。

 

ちゃっす(黒)

ストレスとスターフィンガー

この世は二種類の人間に分かれている。

女子プロレスで抜いたことのある者とそれ以外だ。

 

これは、(故)パンティースキー博士の有名な言葉である。 

 ■

 上記の文章は娘を人質にとられて書かされてるだけです。

すんませんむしゃくしゃしてるんです、わたし。

  

私は6/25にTOEICを受ける。

5月頃にタイ旅行から帰った時に英語を学ぼうと思った。

 

学ぼうと思った理由はいろいろあるが、簡単に言うとニューハーフに襲われたからだ。

襲われたと言ってもあれだよ、おしりにフィンガーを突っ込まれただけだよ~

 でもどっちかというと女寄りのニューハーフだったからセーフ。

f:id:km20065:20170619013616j:plain

 

5月のタイ旅行の日記を記録しておこうと思ったが、この経験が普通にトラウマなため書き起こしたくないのだ。

俺はボーイッシュの向こう側を見た。

めっちゃすごい力でキスされた。あのキスで多分俺の中のビタミンCが死んだ。

 

まあこの話はあんまし詮索しないでほしい。詳細はいつか気が向いたら書きます。(トラウマが収まったら) 元気を装ってるけど普通に怖かったからね。

 

 

 

話は戻るが、多分意思の疎通ができていれば何とかなったんじゃないかと思っている。

完全にノータイムで唇奪われたけど。これ英語覚えてもムリなやつだ。勉強やめよっかな。てか英会話の勉強の方が大事だよな。

 

冒頭で話したむしゃくしゃしている理由であるが、会社から6/25に出勤しろと言われたことである。もちろん肛門に指が入ったこともむしゃくしゃしている。

もちろん以前から、「6/25は用事があるから休みます♪」と会社には伝えていた。

しかしこのような事態が起きてしまった。ヤバい上司には逆らえん・・・

 

うあー!なんで予定入ってんのに仕事入れんだよ。

もう一回レ○プされたらどうすんだよ、責任とってくれんのかよ。えぇ!?

男なのに女の喜びを知ったらどうすんだよ!!

 

マジでどうしよう。

TOEIC自体は別に次の機会に受験すればいいけど、会社での俺の立場がさすがにヤバいな。

 

あー空はこんなに青いのにー

家具を作った話

どうも~!「意外ともち肌」でおなじみの僕です(暗黒微笑)

 

今日はなんてことはない、会社の諸事情により家具の搬入・組立を行った話です。

 

頼まれた経緯

6/11、上司から「6/12に家具の搬入を行ってほしい」との要請を受ける。

「そういうのが嫌だから事務職なんです、この黒毛和牛が!!」と言えず、承諾。

 

こんなこと 前日に頼むんじゃねぇやい!!

運ぶものは、ベット・ワークデスク・ワークチェア・マットレス・ふとん・その他小物類等、である。

こんなんスタンダードに嫌だ。入社前の説明会では聞いてなかったぞい!

どうみてもボク、守ってあげたいタイプなのに・・・。

しかしサラリーマンとは悲しいものである。いかなるときも上に逆らうことができないのだ。たかが3年しか社会人を経験していないのにこの有様である。こうして一人、悲しき修羅が誕生したのであった・・・

 

 ここで気になるのは、

①    なぜ自分なのか

②    なぜ急にこんなことを頼むのか

 の2点である。

 

①    の答え

多分俺の仕事なんて大したことないと思われているからである。

いや実際はそんなことないんだけど、なんか男として俺の魅力が癇に障ったじゃないのかな。ジェラシーってやつ?もてる男はつらいZE。

⇒ていうか窓際社員だからである

 

②    の答え

上司が普通に忘れてた説。

まずこの作業に関しては上司から頼まれたわけでなく、僕の予定表に入っていて、前日に上司に確認をした際にこの事実が判明した。

勝手に予定を入れて前日まで予定を知らされないのはきつい。前日に気が付く僕も僕だけど。まあこれで僕の存在がどんなもんかが窺い知れると思う。

 ⇒多分奴隷かなんかだと思っているよね☆

 

そして家具の搬入であるが、やはり普通にきつかった。思ってた通りのきつさ。

実際のところ、「どうせ一人で行かされるし早めに終わらせて昼寝でもしようかな」的な考えを持っていた。てかそもそも搬入だけで組立とか聞いてなかった。深淵を見た。

 

まずベットが到着。ベットに関しては、配送屋さんにお願いして組立を手伝ってもらった(10分くらいだったので楽勝)

 

ワークデスクが来たときに絶望した。マジで家に帰ろうかと思った。

一応ダメ元で配送屋さんに組立頼んだら断られた。いやそうだよね、普通そうだよね。

配送されてきた段ボールに、「所要人数2人以上所要時間45分」と記載があった。

「これ一時間半かかるやんけ!!」と思ったけど実際は2時間以上かかった。ソロプレイの宿命である。

 そもそも近くのドンキに工具を買いに行くところから始めないといけなかった。

 

「 俺はこんなことをするために大学(3流)に入ったんじゃない!!」って思いながら作業をしてた。多分その時は親にすら見せられない顔してたと思う。 老人が失神するレベルの顔面だったねありゃ。

 

まあそんなこんなで終電ギリギリまで作業をした。(終わってないけど上司から許しが出たから帰った)

 

帰った後は、ストレスから小豆バーを4個食べた。(ぼくは井村屋の小豆バーを箱買いしているのだ。)吐き気がした。

 

以上、小豆バーの食べ過ぎには注意しようって話しでした。

 

銀行に住む魔物と薬用せっけん

 

 

 今回のお話は銀行印をなくした話です。

特に落ちもないです。ちっす。

 

先日、クレジットカードを作成する際に銀行印をなくしたことに気が付いたので、銀行印の再登録のために銀行へ行った。(紛失の場合ってこの手続きで正しいのか?)

 

土曜に銀行へ行くが銀行が閉まっていた。

まあ銀行が土日やっていないのはなんとなく予想していたし、

他に用事があってそのついでに寄っただけなのでノーダメ。マジで。

 

次はその反省を生かすべく、前回から4~5日後くらいに再度銀行へ。

(僕の仕事は平日休みなのだ。)

しかし再び営業時間外。いじわるかよ。

銀行の受付時間は15時までとのことだった。営業時間短すぎだろ。

17時くらいまで行けると信じていたのに・・・

関係ないけど高校生って銀行行く時間なくね?学校休むしかないじゃん。

てか土日が一番行きたいんだから土日に営業しろよ。マジで。

 

でもまあ銀行の手続きなんて正直手続きいつでもいいし、帰りにハンドソープとか買えたし全然ノーダメ。

 

その次の休日、平日かつ14時くらいに銀行へ。

これでダメなら銀行印なんてもう作らん、くらいのテンションで向かう。

なんでかわかんないけど少しおしゃれして行った。(ほんとになんでかわかんない)

 

結果は銀行の通帳を忘れたのでダメだった。

なんか少し食い下がってみたけどダメだった。(ほんの少し)

強がって、「ウヒヒまたきまっせ」的なことを言ってその場を去った。

 

ちなみにさっきの「銀行印なんてもう作らん」発言はノーカン。

予想外のことが起きたから。通帳忘れると思ってなかったんで。ちっす。

 

まあ今回言いたいのは、ハンドソープは家にまだストックがあったって話。

ぼく、ゆとり教育の犠牲者なんです

私の会社には、会社に社内テストというものがある。

 

自社の情報やら事業領域やら経営知識など、それらに関するテストである。

現在社内で受けているのは30人ほどであるが、私はダントツのドベである。

ゆとり教育を受けてきた人間にはつらいものがある。詰め込み世代の嫌がらせだ。

ほかのゆとり社員ができているのはアレだろうな。うんアレなはず。しょうがない。

 

まあ普通に呼び出しくらった。再テストで不合格ならクビと言われた。

完全に下ネタだろ。ウケるんですけど(絶望)

 

しかし俺はめげなかった。そう、勉強をしなかったのである。

こういうのを「勇気がある」とか「男らしい」とかいうのではないのだろうか。

 

その夜、僕はいつもよりゲームを長めにやったのであった。

ここにひとりの豪傑が生まれた。

 

会社いきたくねえ。だれか僕を養ってください(切実)