アジのぬいぐるみの魅せる日記

おまえらの血は赤色だ(報告)

株式会社アジのぬいぐるみ作戦②~初日にして目はまだ死んでないって状態まで追い込まれた~

http://km20065.hatenablog.com/entry/2017/09/05/022454

の続きです。

 

何はともあれ出発、8/13、初日の予定では横浜から秦野あたりへの移動となる。

移動距離は約50キロ。

 

出発日前日の心境は、「普通に広島あたりに行きたかったな」なんて思っているが、

出発直前は、「大阪あたり行けばよかった」と思い始めている。

なんで電車も新幹線使わないのだろうか。そこにはきっと現代社会へのアンチテーゼが隠されている。

 

出発してずいぶん歩いたが特に何もない。淡々と歩き続けることに没頭する。

出発前に恐れていた「地元の友人との遭遇」も特になく、普通に暇だった。

家でネサフでもしてればよかった。

 

20キロくらい歩いた時点で足に大きなマメが何個もできる。

たぶん普段通勤につかっている靴下だからだと思う。2年くらい使ってるから生地めっちゃ薄くなってて靴下界ではめっちゃセクシーだと思う。

 

足の痛みに関しては、いつになくテンションが上がっているため全然気にならない。(たまに気になる)

途中、鎌倉通るべとか海が見たいだとか、スラムダンクの聖地江の島を見るとか、ピンポンの聖地が~、とか諸々はさんで寄り道したせいで体力と時間をだいぶ消費した。

聖地に対して何も感じなかった。足の痛みはめっちゃ感じ始めたけど。

 

公園を見るたびに水道で水を汲む俺の行動は銃社会だったら撃たれてると思う。でも銃社会じゃないからセーフ。

 

ちなみに、江の島あたりには友人が何人か住んでいるはずなので食事に誘った。もちろん全員に断られた。まあ厳密には二人に断られた時点で誘うのやめた。これ以上断られたら家帰ってアマゾンでゲームソフト買ってたと思う。

 

その後はマジで何もなく平塚に到着、時刻は9時頃。

しいて言えばセブンでおにぎり100円キャンペーンやってたことくらい。

 

雨が降っていたので30キロ地点の平塚で満喫に泊まる。

雨はしゃーない。あれは誰だってそうする。

 

30キロ地点で歩くのをやめるのも、初日から野宿をしないのも誰にも責めてほしくない。投資してくれた友人もしゃーないって思ってるよ。(たぶん)

 

満喫の値段は12時間コースで2500円、シャワー代含めて3,000円

ちなみに身分証明書を持ってきていないという謎の縛りプレイのせいで500円余分にとられた。ほしけりゃくれてやる。

 

個室に入って軽い荷物の整理を行うと、マメが酷いことになってた。

でも気にせずシャワーをした。どうりで会社で豪傑扱いされるはずである。

 

今まで着ていた服をシャワーで洗い、洗った服をドライヤーで乾かすという作戦に出るも、普通にシャワー室の利用時間を超えた。とうぜん生乾きなので個室内のハンガーに吊るしたがまだ若干湿っていた。

 

今後の予定を立てる。グーグルマップでコースを検索し、富士山登頂前日の宿をどうするかなどを決める。

日程の都合上、いつ山梨県に着くのかわからないので予約をしていないが、2,000円台のゲストハウスがあったのでそこに宿をとることを決意。

で、とりあえず明日は、駿河小山駅で野宿を決意。無人駅だからいけるっしょ作戦。

 いけなかったらだいぶヤバい。

 

明日にそなえて快眠・・・と思いきや問題発生。

基本的にシティ派の自分としては、生活リズムが夜型なのでなかなか眠れない。

僕の生活リズムはカブトムシと同じと思ってくれ。

結局、朝の5時頃から8時頃まで3時間だけ寝た。

 

【金額】

残額6,500※記録してないけど多分こんくらい。

写真は一応記録。俺は何を・・・・

f:id:km20065:20170905223725p:plain