アジのぬいぐるみの魅せる日記

おまえらの血は赤色だ(報告)

歩いて横浜から富士山まで行った話⑥~友人に会った話~

五日目 8/17

朝日とともに起床(11時頃)

この日の朝、山梨に住む友人にメールをし、「夜に一緒に食事でもどうよ」って話を取り付けることに成功。おばちゃんには許可をとり了承してもらった。

ついでに明日宿を出ていくことも告げた。宿の中暇だから。あと食事もまずいし。

 

夜に友人に会うため、今日の昼までに草むしりを終えなければならない。

この日の草むしりのペースはすさまじかった。

汚職がばれた政治家くらいのフットワークで草むしりを行う。

虫がすごいけど気にしない。ミミズとかさわれる人間でよかったのは初めてである。    

 

 

一応今後のプランとしては、次の日に富士登山を行う予定である。

しかし天候的に不可能、足の状態的にも完全にアウト。

なので今夜友人に聞いてから考えようと思った。ナイス作戦である。

ちなみに人生のプランはまるでない。あとは死を待つのみである。

 

そうして友人に会うまでにバイトを終え、戦利品の一万円を手に入れた。フフフ

f:id:km20065:20171125221341j:plain

夜中、友人と会う。

大学時代の友人で、思い出話とかが聞きたかったのだが、

何か株とかFXの話になった。

久々に会った友人に対して劣等感と疎外感を感じる。

もっと仲良くしろや!頼むからわかりやすい簡単な話までレベルを落としてください。

電車で会った変なやつとかでいいんで。ちっす。

 

今後の予定を決める上で、下記の三点を言われた。

・天候がよくないので富士登山はやめた方がいい。

・この辺り何にもないよ、家帰れば。

・カバンからお菓子の匂いがする、不快。

 

かなり諭すように言われた。たぶん僕のことを相当下に見ているのであろう。

まあ実際下なんだけどね。思ったより下だから友人もびっくりしてると思う。

 

とまあこんな感じで友人との会食が終わる。

会計はバイト代から捻出、バイトしてなかったら終わってたな。

俺草むしりのこと誤解してた。すまん。

 

帰り道、車を運転しながら忍野八海の話になった。

どうやら友人はそこ出身で、かなり隔絶された地域らしく、

忍びの里と揶揄されていたとのこと。

大して面白くないし、観光客は中国・韓国人ばかりとの事らしいが、

することがないので、富士山の代りにそこに行くことを決意。

そんな感じである。

 

ちなみに帰ったのは夜の12時頃、

友人は運転しながら動物が出るんじゃないかとびくびくしていた。

なんかキモかった。

また、「廃墟マニア垂涎の廃墟が何か所かある」とかなんとか言ってたので、

恐怖を感じない範囲で行こうと思う(昼)

こうして、明日の予定が出来上がった。

 

明日の予定としては、

・廃墟めぐり

忍野八海

・帰宅

 

誰にもきずかれないように忍び足でおばさんの机に置手紙を置き、自分の部屋に戻る。

その姿はさながら忍びである。自分にこんなジャポニズムがあるとは思わなかった。

今の忍び度は、おもらししてパンツを洗いに行った中二の冬並みである。

やはり一流の忍びとして忍びの里に行くことを強く決意。

 

f:id:km20065:20171125222738j:plain